名前
件名
メッセージ
画像
メール
サイト
アイコン
文字色
パスワード
プレビューする(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

次期役員選挙会

MCIT-B

2019/02/15 (Fri) 10:46:26

2月13日第870回例会で次期役員21名が承認されました。早くも次期に向けての準備が始まります。しばらく次期と今期が重なり大変です、頑張って下さい。
当日は会員増強アワード・L天野進吾の喜寿のお祝い・静岡マラソン2019出場者L朝比奈・L藤原・L森澤の激励・静岡市歌の合唱練習がありました。取分け歌の練習でいつも指揮を取りリードしてくれるL北條が体調不良で休会され、寂しい歌唱練習になりました。

「上善如水」ー上善は水の如し ー

酒呑童子

2019/02/07 (Thu) 16:39:18

かの老子先生は人として最も理想的な生き方として水の在り方に学ぶことを説いていた。「水は万物に恩恵を与えながら相手に逆らわず、人の嫌がる低い所へと流れていく。低い所に身を置き、淵のように深い心を持っている。与えるときは分け隔てなくまた行うことには偽りがない。」この水と同じような生き方をしてこそ意義ある生涯になるとーーー。
「上善如水」何事にも逆らわない自然体、柔軟性、謙虚さ、不争の徳の三つを含めて水の在り方に学べとの事である。と老子考にあった。
某も日頃から 自然体に憧れ自然体で生きたいと思うが、今なほ迷い多く、未だ遠くおよばない。
今夜は自然体?で熱燗で独り酔いしれることに致したい。

Re: 「上善如水」ー上善は水の如し ー

MCIT-B

2019/02/11 (Mon) 16:19:31

酒呑童子さん、こんにちは!初めて返信させて頂きます。酒呑童子さんの投稿はいつも拝見しております。多方面、とりわけ中国の事象、思想、工芸,囲碁等に博識、精通され、興味深く思っていました。今NHKの高校生講座で中国の古典講座やっており、先日偶然老子についての解説があり思わず聞き入ってしまいました。投稿の老子のくだりを思い出したからです。
これからも貴重なお話を伺えたらと思います。
日本酒は「南部美人」が最高ですが、たまには越後、白瀧酒造の「上善如水」は如何かと。

第2回 献血活動

MCIT-B

2019/02/08 (Fri) 17:25:08

2月7日葵スクエア・青葉献血ルームで献血活動を行いました。寒中ですが日中は暖かさに恵まれました。路上のPR活動にも熱が入り突然の御案内にも関わらず快く応じていただける方々も(JKも!)。事前の事業所へのPRもあって
申し込み110名中94名の方に貴重な献血をしていただきました。クラブ会員も献血された方を含め、19名の方が活動に参加されました。市民の皆様と直接触れ合えた貴重な奉仕活動でした。

会報駿府

MCIT-B

2019/01/31 (Thu) 15:16:41

会報駿府は昭和60年に1号が発行され、昨期31号が発行されました。
この間多くの方がクラブに参加されまた去られて行きました。現在は70数名
方が在籍され地区内でも有数のクラブになりました。新旧の力が大変うまく融合
してクラブを支えているためです。
今回会報駿府を通してクラブの来し方を一寸振り返ってみたらと思い投稿を始めよう思いました。
会報駿府1号はB5版8ページでした。クラブ誕生3年目での発行でした。
会報が取り上げたのは。会長鈴木巌夫・幹事宮城達郎・会計内藤清人が舵取り役で、五才児の夢展・身障者(当時はこう呼ばれました)を励ます会・チャリティーバザーの開催した事等です。また当時から夫人の参加が積極的で他クラブとは一味違った活動が伺えます。この年5名の方が入会されましたが今はどなたもおられません。さよなら例会は伊豆長岡の古奈ホテルでした。

ご無沙汰!酒天童子氏!

o

2019/01/14 (Mon) 14:19:20

この古いHP掲示板への来訪者は貴殿のみと成りましたね。管理人も、本HPの方で忙しく、君の投稿も長い間、掲載待ちになっていました。でもヤフーで検索すると、この裏HPはまだ三番目に出ています。貴殿の氷心(温心)と小生の返信を見ている方が居るのでしょう。
小生も氏のように、諸々の未練と反省の日々です。もしそう見えないとしたら、それは老いの強がり。心落ち着けるために色んな「本」を読んでいます。
今の所久しぶりの「老子」が良かった。自然体がいい。生かされていることに感謝出来れば全てOKと。

Re: ご無沙汰!酒天童子氏!

酒呑童子

2019/01/30 (Wed) 13:23:26

「寒中お見舞い申し上げます」
本年もよろしくお付き合いお願い致します。
扨大石氏、鞦韆(しゅうせん)なる単語初めて目にし俳人三橋鷹女のひととなり初めて知りました。千葉県の出身であり中村汀女、星野立子、橋本多佳子と共に「4T」と呼ばれ、句風は写生の方法に拠らず、自在な口語表現、新俳句の詩的表現などを駆使して女性の情念を詠む表現の激しさと前衛性に於いては「4T」内でも異色の存在であったと言われているとの解説があった。
17字の中に心中をよぎる情感情念を詠み込む句風、説明を聞かないと某には中々理解できない。
ーー写真は投稿文とは関係ない沼津千本松原の地に在る若山牧水の記念館です。時折訪れます。ーー

「一片の氷心玉壺に在り」

酒呑童子

2018/12/19 (Wed) 12:04:36

2018年、平成30年も残すところ僅かとなった。
振り返ってみるとこの一年は、世界的にも国内的にも多難の年であった。
甚大な被害を発生する自然災害、不安定不穏な政情、理不尽な凶悪テロ等々、安穏な生活が望めない課って無い異常な年となった。
私事になるが、某にとっても周囲環境の変化をうけ諸々の事態が発生した年でもあった。親しい友人の件では、日を経た今でも時折哀惜の念が胸にこみあげ、虚脱感に陥る。
標題の「一片の氷心玉壺に在り」は、盛唐期の詩人であり進士の資格もあった「王昌齢」が左遷され、そのおかれた身上を友人達に知らせて欲しいと詠んだとされる詩の一節である。ー(私の心境は玉壺に入れた氷片の如く清明である)ーとの意であるとあった。
しかしある説によれば、己の不運な身の上を逆説に詠んだともあった。
かの宮澤元首相が引退際に心境を聞かれこの詩を引用した事を知った。
クラブを辞し諸々に未練を残す某の心境とは次元と格が違う。
ともあれ、新しい年が会員諸氏にとってより良き年となります様祈念いたし締め括りと致したい。

懐いを遣る !(おもいをやる)

酒呑童子

2018/08/31 (Fri) 14:20:40

駿府 LCの皆さん!残暑お見舞い申し上げます。毎日殺人的な猛暑続きますが如何お過ごしですか?。私6月末クラブを辞して、2ヶ月が経ちますが空虚な?日々を過ごしています。楽しかったクラブライフでの出来事が時折思い浮かびます。
「鏡に照らし自ら懐いを遣る」
李白と張九齢の漢詩を混成して、少々某の想いも加え混迷迷走する近況を詠みました。
「宿昔青雲の志 蹉跎たり白髪の年 誰か知らん明鏡の裏 形影自ら相憐れまんとは 月に酔ふて 頻りに聖に当たり 花に迷いて己を喪う」
ーー(聖に当たりとは心ゆくまで酒に酔う)とありました。ーー
ご笑覧下さい。

Re: 懐いを遣る !(おもいをやる)

o

2018/09/05 (Wed) 21:28:13

「鞦韆に李白と童子揺れてをり」t.o.
諸氏曰く「辞めなきゃもっとお酒飲めるのに!」「なんで辞めたん?」
     「速やかに再入会手続きされたし!」
 必要ないでしょうが、「鞦韆」の解説を。中国でブランコのこと。革で作ったんでしょう。春に、宮廷の美女たちが、ぶらんこ遊びをしたそうです。
「鞦韆は漕ぐべし愛は奪うべし」三橋鷹女の句が有名です。
童子もブランコで李白と酒を奪い合ってばか居ないで、焼きそばも作って下さい。月見の計画大会の連中が困っているようです。     

祝う「博多ライオンズクラブ」との提携調印

酒呑童子

2018/05/30 (Wed) 10:41:05

今国内では毎日世間を騒がせている日本大学、関西学院大学の「アメフト」の件、幼い子供が被害を受ける事件、老齢者の事故等胸の痛む事が多く報じられている。
朝鮮半島問題では米朝首脳会談開催に向けての折衝が続けられているが、拉致問題等、何らかの進展が期待されるがどの様な事で決着をみるのか確たる事を述べられる人は無い。実りある結果を期待したい。
翻って我がライオンズに於いては、博多ライオンズクラブとの提携の調印が目出度く執り行なわれたとの事、この慶事を祝い関係各位の労に敬意を示し賛辞を贈りたい。ご苦労様でした。

ーー 哀惜の 念 極まれり 桜散る ーー
〈 女々しいと言われるかも知れませんが拙句詠みました。〉

写真は静岡市の花「立葵」です。
タチアオイの写真ヨコになっていましたので直しました。
名のとうり立葵本来の姿になりました。

Re: 祝う「博多ライオンズクラブ」との提携調印

o,t

2018/05/31 (Thu) 21:49:32

やあ酒呑童子氏!お陰で歯の調子は良いです。
提携式に行って来ました。様子は新しいHPの活動報告に、私の記事が載ると思います。アイパッド練習してそちらもご覧下さい。名刹東福寺書院での祝宴では、伏見の酒が飲み放題だったぞよ!前日には浅チャンの付添として、山さんたちと、インクライン、琵琶湖疏水、南禅寺、無隣庵をまわり、奥丹で湯豆腐を食べて来ました。居るべき人が居ないと淋しいですよ。

次年度が動きはじめました

事務局

2018/04/25 (Wed) 15:14:49

四月に入ったかと思ったら、今月も残りわずかです。
次年度の準備もはじまり、クラブが忙しくなってきました。

新しい顔ぶれの役員様での「準備理事会」、何度となく経験していますが、いつも新鮮な思いと心地よい緊張感に包まれます。
各準備委員会もはじまり、よりよい奉仕活動とクラブ運営を目指すべく、皆様が
ご尽力くださる様子を事務局は大変嬉しく感じています。

リンデン先生が大事にされていた「言葉」であると思います。
わたしも胸にとめ、精進していきたいと思う毎日です。

リンデン先生

事務局

2018/04/06 (Fri) 17:02:05

リンデン先生がご逝去され、駿府LCは深い悲しみに包まれました。
多くの方が涙し、リンデン先生とのお別れを惜しみ、改めて先生のお人柄を
知ることとなりました。

小竹さんのリンデン先生に捧げたお言葉には、深い信頼と友情が伝わり、
いつ何度読んでも涙がこぼれます。
いつも穏やかな笑顔を支えていたのは、尽きない向上心と、他者をおもう
思いやりの気持ちを常にお持ちであったリンデン先生。

花見例会では満開の桜を見ることができました、きっとリンデン先生もご覧に
なっていると皆さんが感じていたことです。先生ありがとうございました。